幸せとお金の源泉とは?まりこむの自己紹介とビジネスに欠かせない循環思考

 

はじめまして。

まりこむと申します。

 

医療従事者として働いていましたが、

インターネットビジネスに出会い、人生が変わった一児の母です。

 

このブログでは、

 

「お金や幸せっていったいなんなのか?」

「どうすれば、あなたの持つエネルギーが生き生きと循環し、

もっと豊かに、あなたらしい人生を送れるのか。」

 

そんなことを一緒に考えていきたいと思っています。

 

自己紹介を兼ねて、外国でのおはなしをちょっと書いてみますね。

 

アフリカの村人たちが気づかせてくれたこと

 

わたしは、病院勤務だけでなく、

アフリカで生活しながらボランティア活動をしていた経験があります。

 

「アフリカ」と聞いて、あなたはどんなイメージをするでしょうか?

 

貧困でガリガリ、服はボロボロ、

悲しい顔をした子供たち。。。

 

そんな想像をする方も多いのではないかと思います。

 

 

私も半ばそんなイメージを持ちながら、初めてのアフリカに降り立ちました。

私が住んでいた村。乾季は植物がほとんど育たない。

 

 

初めて出会うアフリカの人々は

もちろん経済的に余裕がなく、

服には穴が開いていたり、伸びきっていたり。

学校に行けない人も確かに多くいました。

 

ただ、悲しい顔をして佇んでいる

いわゆるメンヘラっぽい人なんて、1人もどこにもいませんでした

 

それどころか、

 

人と顔を合わせるたび冗談を言ったりして笑いあい、

日々の平和に感謝して神に祈り、

歌とダンスが大好きで、いつでもどこでもすぐにリズムに合わせて踊り出してしまう。

 

そんな、楽しく可愛らしい人たちばかりでした。

 

 

 

例えば、水道や電気のない小さな村でのこと。

 

初めて会う、明らかに彼らよりお金持ちのわたしにも、

「こっちにおいで。いまご飯を食べてたんだよ」と、

遠くから手招きしてくれます。

 

ごはんにかぼちゃが数切れのっただけの質素なもの。

それを家族8人くらいで分け合って食べていたのですが、

(大皿に盛ったものをみんなで食べます)

ほとんどのかぼちゃをわたしの方に転がしてくれるのです。

 

食べ終わったらそっと水を差し出してくれます。

見返りなんて求めません。

それどころか、「来てくれてありがとう。楽しかったよ。」

そう言って、ただ笑顔で、また手を振って見送ってくれるのです。

 

 

彼らの心が豊かなのは、火を見るより明らかでした。

 

日本より貧しい国なのにもかかわらず。です。

 

そう、貧しいのは、「経済的に」というのをつけるのが正しい表現になるでしょう。

 

住居はむき出しの土壁。屋根はわらぶき。

TVなし。情報源はラジオ。

車なし。移動は徒歩かロバ。

40度を超える暑さの中で、冷蔵庫も扇風機もない暮らし。

村の半分以上の人が文字を読めませんし、多民族のために村の中でも言葉の壁がちらほら。

なので、仕事だって混乱だらけでなかなか進みません。

 

それでも、

ボランティアが必要なのか一瞬疑問に感じてしまうくらい、

彼らは明るく、日常は笑顔であふれ、

自分の心に素直に言葉を発し、全身で感情を表現し、

その日その日を等身大に、大切に生きていました。

 

経済的困窮ゆえの苦労、困難ももちろんありますが、

それをはねのけるだけの心と絆の強さを持っていました。

 

モノやお金がなくても、教育が受けられなくても、

彼らの「幸福度」はとても高い。

 

そう肌で感じる毎日でした。

全力のダンスを披露してくれる近所の子ども達。

 

 

私たち日本人はどうでしょうか?

 

人を羨んだり妬んだり(ネット上で)叩いたり、

自己嫌悪に陥ったり、自己否定ばかりしたり…

 

閉塞感や焦燥感、あるいは諦め、虚無感、無関心…

そんな空気が充満している昨今。

 

どうして多くの人がこのような状況に陥っているのでしょう。

どうしたら、もっと幸せにイキイキと暮らせるのでしょう。

 

 

多くの人が陥りがちなこと

 

「お金の奴隷」

という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

あなたは、

「〇〇が欲しい」・「〇〇をしたい」そう思っても、

 

次の瞬間、

「でも、お金ないから…」と、

お金に選択や行動を制限されることはありませんか?

 

 

わたしはそうでした。

 

特に、子供が生まれて守るものが増えるとなお、

何をするにもまず、

「お金がない…。。」

ということが頭に浮かんできました。

 

買い物では常に値段を気にしていましたし、

数十円の割引の食材を求めてスーパーをはしごすることも。

 

ネットで少しでも安いものを探すことに

いつのまにか多くの時間を費やしてしまっていたり、

 

カードの支払い日が近くなると、

いつの間にか膨らんだ決済額と預金残高を見比べて焦ったり。。

 

 

もっと自由に、

いろんなところへ行って、

いろんなものを食べて、

いろんな経験をしてみたい!!…けど、

お金ない!無理!我慢!仕事仕事!!

 

そんなふうに。

 

気がつくとわたしは、「お金の奴隷」になっていたのです。

 

アフリカの人々にせっかく教えてもらった

人として大切なことさえも忘れてしまいそうになる程、

 

お金を中心に思考が回り、

お金に執着し、

不安と焦りを感じ、心がギスギスして、

そんな自分がとても嫌でした。

 

私の心のギスギスは空気感で家族にも伝わり、

気づいたら夫とのコミュニケーションも減少していました。

 

これってどうでしょう。

どう見ても「幸福」とは言えないですよね。

 

 

ビジネスでも同じで、

 

例えば…

Aさん:会うたびに商品の宣伝ばかりしてくる人

Bさん:他愛もない話から、役に立つ情報まで、気軽に色々話せる人

 

彼らの持つ商品を買うことになった時、

あなたはどちらから商品を買いたいでしょうか。

 

たとえ商品の情報量が多くても、

Aさんからは買う気になれませんよね。

 

Aさんは商品を売れないばかりか、人脈も広がらない。

ビジネスで成果が出ず、会社や家族にも影響が出るかもしれません。

 

こんな風にお金だけ追求するとうまくいかないのは、

子どもの昔話なんかにもよく出てきますから、

あなたもよく理解しているはずです。

 

 

人は人生に何を求めるのか

 

前置きが長くなりましたが、改めて考えてみましょう。

 

「幸せってなんだろう?」

「豊かさってなんだろう?」

 

もちろん、その内容が人によって違うのは当然ですが、

 

世界一自殺者が多い経済大国 日本…。

かたや貧困国でありながら笑顔にあふれていたアフリカのあの村…。

 

これらを見比べ、本質を考えてみると

大切なのはやっぱりお金ではなく、

 

何かに支配されることなく、自分の人生を生きること。

何かにとらわれることなく発想し、それに素直に従って生きること。

 

そういったことなのではないでしょうか。

 

もっと端的に言えば

「自由」

だと私は思っています。

 

そして、そのために、

「エネルギーを循環させ、

より大きな自由=幸福を求めて進む」それが人生。

 

そんな風に考えられるのではないでしょうか。

 大人の真似をして子牛を誘導する子ども

 

キーワード:「循環」

 

話がちょっと抽象的になってきたので、

身体のことを例に出して考えてみましょう。

 

私たち人間の身体の60%は水分です。

 

この水分が、血液やリンパ液など様々に形を変え、

身体中を循環することで、栄養を運んだり、老廃物を外に出したりして、

あなたの身体が良いパフォーマンスを発揮できるようにしています。

 

もし、この身体の水分が循環することなく、

同じ場所にとどまってしまうとどうなるでしょうか?

 

血管内では血液が固まって詰まり、

その先の臓器に酸素や栄養が届かず、

臓器は腐って機能しなくなってしまいます。

 

組織で出た老廃物も、回収されず、

滞って悪いものがどんどん身体に溜まっていきます。

 

もっと簡単に言えば、

心臓が止まっちゃったら、死んじゃいますよね。

 

つまり、

身体を正常に機能させるためには

「循環」がとてもとても重要なのです。

 

 

面白いことに、

人生におけるお金も同じです。

 

よくビジネスの成功者が

「お金は循環すべきエネルギー」と言います。

 

お金は大事。ですよね。

 

ただ、

あなたのすべてのお金を、タンスに大事に大事にしまっていたとして、

そのお金は、有効なエネルギーとなって循環し、

あなたの人生のために働いてくれるでしょうか?

 

答えはNOですね。

 

つまり、

お金をあなたの人生のエネルギーとして

正しく循環させていくことが、

より自由で豊かな人生に近づく方法なのです。

 

 

お金をどう捉えるか

 

最近、ひしひしと感じるのは、

お金の役割が変化し、そのものの価値が低くなってきているということ。

 

元々は物々交換のツールだったお金ですが、

人はいつしか、お金そのものを追うようになっていました。

 

そして、

物質社会が豊かになり、だれもが最低限の生活を送れるようになってきた。

 

ベーシックインカムについての関心が世界的にも高まってきています。

 

お金持ち=幸せ といったお金を第一に求める時代は終わり、

違った形で幸福や豊かさを求める時代にシフトしているのです。

 

 

では、そんな現代において、

私たちはどのように

お金と付き合っていけば良いのでしょうか。

 

 

どうやってお金を得る?

 

「お金は苦労して稼ぐもの。」

 

そんな考えがいつの間にか私たちの頭にこびりついています。

 

でも、実はあなたが苦労しているかどうかは、

対価を支払う者には関係ないのです。

 

 

「ホームレス小谷」さんという

大変面白い生き方をしている人がいます。

 

彼は自分の1日を50円で売り、

草むしりや鬼ごっこの相手、引越しの手伝い等…なんでも引き受ける。

 

買い手は50円という金額だけでは申し訳ないので

彼を食事に誘ったり、飲みに連れて行ったり、泊めてあげたり…。

 

だから彼は食う寝るには困らない。

彼はとてもポジティブで裏表のない性格だそう。

 

そうして彼は、

日本全国のいろんな人と仲良くなり、ついにはお嫁さんももらい、

クラウドファンディングで資金を集めて結婚式まで上げてしまったのです。

 

 

そこまでできるのはなぜ??

 

それは、彼が「信用」を稼いでいるからです。

 

ホームレスで、お金もないですが、

これまで積み上げてきた信用がたんまりあるので、

何かしたいとなったらみんなが助けてくれる。

 

そんな風に信用をエネルギー源として、

彼の人生は自由気ままでありながら、ちゃんと回っているのです。

 

 

つまり、

 

あなたと関わる人や社会に、

楽しい!とか、

面白い!とか、

役に立つ!とか、

助かった!とか…

 

そういう、「価値」を提供できるか

 

これが、あなたの評価=信用に繋がってくるのです。

 

すなわち、

得られるエネルギーの量に繋がってくるわけです。

 

 

アフリカの人々も、

見知らぬ他人同士でも、本当に気軽に互いに助け合い=価値提供をし合い、

マネタイズの資源と手段がない環境の中でも

とても活発なエネルギー循環が行われていました。

 

 

決して、

「お金は苦労の対価」ではありません。

 

「お金は価値提供の対価」なのです。

 

 私の帽子をかぶってはしゃぐ子ども

お金の使い方

 

価値を提供して得たエネルギーであるお金を、

どのように使えば良いのか。というお話。

 

先ほども書きましたが、

お金はタンスに眠らせておいても

エネルギーとして働いてくれません。

 

投資をして、お金に働いてもらいましょう。

 

学びや体験など、あなた自身の向上のため、

製品やサービスの開発・質を向上させるため、

優秀な人材を確保するため、

というように、広い意味での投資です。

 

そうして

あなたが世の中に提供できる価値がup

収入up

さらに投資できる!

提供できる価値さらにup……

 

これがお金のエネルギー循環です。

 

億単位で稼ぐ人たちは投資意識が特に高いですが、

これを考えると、彼らがなぜそれだけ稼ぐことができるのか納得できますよね。

 

 

お金に対する気持ち

 

お金を使う時ですが、

その度に感謝の気持ちを持つことがとても大事です。

 

お金を稼ぐ・使う=悪。もったいない。

と思うのはやめましょう。

(以前のわたし…)

 

あなたのお財布から、

お金が喜んで飛び出して働きに出る。

 

あなたは感謝の気持ちでそれを見送る。

 

この基準を持ってお金と付き合ってみてください。

 

なんとなくでの出費、無駄遣いが減り、

何に使うべきか、そういったブレない基準が見えるようになってきます。

 

あなたのお金の使い方が変化してきますよ。

 

 

循環の重要性

 

こんな風にお金と向き合うと実感できるのが、

「循環の重要性」です。

 

感謝の気持ちで見送ったお金。

 

いい循環を生み出してあなたの元に帰ってきたら、

手元でお休みさせておくは最小限にして、

 

あとは、また次のお仕事のために、

気持ちよく送り出してあげましょう。

 

執着して自分の手元に置いておくと、

機能しなくなってしまいます。

 

 

例えば

我が子は可愛くて、「ずっと一緒に過ごしたい」と感じますが、

 

24時間365日わたしのところに抱え込んでいるのは、

子どもの成長にも、実はわたしにとっても、とても不健全

 

さらに言えば負担ですよね。

 

外に出て、お友達や他の大人と関わることで

ぐんと成長して帰ってきたりするものです。

 

わたしの方も、

 

こういう送り出し方(お出かけの準備や服装など)をすればいいのか。

と、だんだん送り出すための色んな心構えと技が身についてくる

 

自分の手元に置いておくのが一番安心な気がしてしまいますが、

外の世界に飛び出していくことでしか得られない双方の成長がある

 

こう考えると、

お金も、子育ても、健康も、みんな循環してこそ。

 

循環って重要ですね。

 

 

理想的なお金の稼ぎ方

 

ところで結局、どう稼ぐのか。という話ですが、

お金の稼ぎ方には二つあります。

 

市場経済と金融経済です。

 

つまり

ビジネスと投資。ですね。

 

 

市場経済(ビジネス)

 

ビジネスの特徴は、

・ビジネスを通してスキルの向上、人としての成長ができる。

・提供した価値により金額が変わる。

・自分で収入をコントロールできる。

 

これは、裏を返せば

・労力や時間、精神的ストレス、費用などを覚悟する必要があります。

 

ただ、

ブログアフィリアイトなどは金銭的負担なく始められますし、

自動化の原理を使えば時間も得ることができます。

 

 

金融市場(投資)

 

・着実な投資案件、投資手法に乗ることができれば、

時間を得ながら資産形成も可能。

・体験という意味では薄く、人間的な進化は見込めない。

・成功の指標が資産金額という数字のみなので、精神的に安定しづらい。

 

ビジネスと投資

 

この二つのバランスをうまくとりながらお金を稼いでいきましょう。

 

※貯蓄は循環が生まれないだけでなく、

金利の低ーーーい投資ですので、オススメしていません。

 

はじめの一歩

 

インターネットマーケティングを存分に活用しましょう

 

あなたも日々感じていると思いますが、

「個」が本当に問われる時代。

 

ブログ、SNS、YouTube…

様々な媒体で情報を発信していくことができる時代です。

 

インターネット、さらにはスマホの普及によって

一人一人からエネルギー循環をまき起こすことができるのです。

 

ビジネスもこれに漏れず、

オンラインサロンやFacebookグループなどの

コミュニティビジネスが、今後のトレンドになってきます。

 

これらは初期費用がかからないので、

利益率は異常に高く、

時代にもマッチしていると言えますよね。

 

ここを活用した

インプットーアウトプットーフィードバック

の循環を行なっていきましょう。

 

 

手元のお金をすぐ稼ぐことも大事

 

「お金がない」

という余裕のなさは焦りを生み、

ビジネスにも影響を与えてしまいます。

 

会社での仕事やアルバイトで

確実に当面の資金を確保することも大事です。

 

やるのであれば、

あなたの特技やスキルを伸ばせる仕事が良いでしょう。

 

その後その職場を離れたとしても、

それを通してあなた自身はアップグレードされているわけですから

より良い循環を生み出せるはずです。

 

通勤のないスタイルとして

物販やクラウドソーシングなどでも、

スキルやお金を得ることができますよ。

 

 

~~~

ちょっと長くなってしまいましたが、

このブログを通して、ここまで書いてきたような

幸福やエネルギー循環について、

まりこむの日々思うことと交えながら

あなたにシェアしていきたいと思います。

 

わたしは、この考えが腑に落ち、思考と行動が変わったことで、

心が軽やかになり、

笑顔が増え、

人間関係が改善し、

経済的にも余裕が持てるようになりました。

 

あなたが

より多くのエネルギーをつかみ、

あなたの可能性を広げ、

他の誰のものでもない、あなた自身の人生を輝かせることができると信じています。

 

一緒に前を向いて歩いていきましょう!

ご愛読よろしくお願いいたします(^-^)

 

なお、お困りのことやご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください!


 

(長文読んでいただき、ありがとうございます(^-^))