【格安SIM代理店】スターモバイルは稼げる副業?初期費用と確認すべきポイントを解説!

まりこむまりこむ

こんにちは、まりこむです!

最近、注目されているスターモバイル(旧クジラモバイル)

副業として、稼げるものなのかどうかを知りたい方も多いかと思います。

前回記事で、スターモバイルを勧めているネットビジネス界の大物たちの人物像ビジネスモデルなどから、お勧めできる副業かどうかを検証してみました。

【格安SIM代理店】蝶乃舞×泉忠司【スターモバイル】稼げる副業か検証!

今回は、もう少し具体的にスターモバイルそのものに焦点を当て、初期費用や稼ぐのに必要な紹介人数など具体的な数字も見ながら、

このスターモバイルが稼げる副業かどうかを考えてと思います!

それでは一緒に検証していきましょう😋

そもそも格安SIM代理店は儲かる市場なのか?

格安SIMという言葉も、だいぶ身近になっている今日この頃。

あなたの周りでも、利用者は増えているのではないでしょうか?

 

事実、格安SIMの認知度は年々増えつつあります。

2020年2月のMMD研究所調べによると、

格安SIMについて「全く知らない」と答えた人は全体の1割程度ということで、かなり広く知られていることがわかります。

 

そんな9割もの認知度を誇る格安SIMですが、

メイン利用している人は2割程度という結果。

中でもサブブランドを除いたMVNO利用者は14%となっています。

※MVNOとは

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)

格安SIM業者。

大手キャリアから、スマホに通信するためのインフラを借りてサービスを提供する。

※サブブランドとは

大手キャリアがグループ企業や子会社として展開しているMVNOのこと。

Y!モバイル(SoftBank)、UQmobile(au)が該当する。

格安SIMの中では通信品質が良く、各地に実店舗もある。

格安SIMの利用者は2割で、他は大手3社。

これを多いとみるか少ないとみるか…

 

先ほど数字でみた様に、確かに格安SIMも普及しています。

しかし、格安SIMが始まったのは、2013年頃。

もう7年ほど経ちますね。

市場規模は大きく、格安SIMを9割の人が認知している一方で、利用開始から7年経っても利用者が2割にとどまっている。

というのが格安SIMのリアルな現状です。

 

そんな現実の中で、

有名どころの格安SIMである

楽天モバイルを筆頭に、UQmobile、mineo、OCNモバイル、LINEモバイル、イオンモバイル、DMMモバイルなどなどなど…

ではなく、スターモバイル!を選んでもらうことができるかどうか。。

それを、あなたができるか?ということが、イコール稼げるか?という重要なポイントになってきます。

スターモバイル代理店にかかる費用は?

大変そうだけど、代理店を頑張ってみたいと思ったあなた。

費用はいくらかかるのかも確認しておきましょう。

ズバリ、

初期費用は2万6,246円かかります。

そして、SIMの利用料と代理店費用で1万3,596円/月もかかります。

初期費用を割って月額費用に加えてみると、

月に1万5000円程かかる計算になります。

まりこむまりこむ

大手キャリアを利用している人の倍くらいかかってない…?

ということなので、もしも報酬が全く得られなければ、大手キャリアを使った方が断然お得という結果になりますので、この点を肝に銘じた方がよさそうです。

まりこむまりこむ

金額も高くて大手のようなサポートもないとなると…ツライ💦

※ちなみに正規代理店ではなく純粋にスターモバイルを利用する60G、4860円のプランもあります。

まりこむまりこむ

楽天モバイルが月額2980円でデータ容量無制限のプランを発表したし、ユーザー目線で考えても、もはやスターモバイルには魅力感じないかな。。

スターモバイルで稼ぐには何人紹介すれば良いのか?

スターモバイルでの正規代理店費用は月7500円と設定されています。

まず、報酬を得るには、正規代理店(あなたと同じように、ビジネスとしてスターモバイルを始める人)を3名紹介する必要があります

表によると、あなたが直接、正規代理店をやってくれる人を3人ゲットできれば、月額の正規代理店費用7500円がペイできるようですね。

ただし、代理店の3人を紹介してトントンということです。

稼ぐには、この月額費用に上乗せする形で収益がないと意味がありませんね。

ざっくり説明すると、あなたの下に12名ついて7,500円/月、

36人ついて22,500円/月くらいの利益が出そうです。(正規代理店費用7500円を引いて利益を計算。)

あなたの紹介や、あなたのダウンの紹介でどんどん会員を増やすことができれば、それだけ報酬が増えていきます。

あなたがインターネットなどを利用しうまく集客できれば、稼ぐこともできるかもしれません。

ホームページやSNSを利用して稼いでいる人も中にはいると思います。

結局のところ、スターモバイルは他社より魅力的なのか?

スターモバイルが他社の格安SIMより魅力的であれば、あとは正しく集客すれば自然と広まって行くはずです。

 

まず、大手キャリアではなくMVNOを利用するメリットとデメリットを確認してみましょう。

MVNOを利用するメリット

価格が安いこと。

実店舗がほとんどなかったり、通信インフラを大手に借りていることで、基地局の設置費用やメンテナンス料がかからないため格安でサービスを提供できる。

MVNOを利用するデメリット

通信が混み合う時間は、通信速度が落ちることがある。

実店舗がないので、サポートはあまり期待できない。

例えば、初期設定やSIMの入れ替えなどを自分で行う必要があり、苦手な人にはハードルになる。

さて、スターモバイルで稼ぐには、

MVNOの利用を考えている相手に、スターモバイルを楽天モバイルやUQmobileよりも魅力的と伝えなければなりません。

 

例えば、まりこむはUQmobileを利用しています。

普段はWiFiを利用していますから、データ容量は3Gで足りています。

というわけで、月額の利用料は2,000円ほどです。

まりこむまりこむ

大手に近い通信速度の安定感を誇るUQmobileをこの値段で利用できているので満足度はかなり高いです。

また、楽天モバイルはデータ容量無制限で月額2980円のプランを打ち出し、注目を集めています。

そんな中で、

  • 月額4,860円払ってでもスターモバイルを使いたいと思ってもらえる他社との差別化要素を見いだせるか…
  • あるいは、スターモバイルを広めるビジネスをしたいとどれだけの人に思わせられるか…

ここが、スターモバイルで成功するための鍵になって来るでしょう。

また、各社が凌ぎを削る格安SIMの市場で、スターモバイルが生き残っていけるか。という点も重要ですね。

MLMに取り組むことで得られるスキルもあるかと思いますので、頑張ってみても無駄にはならないかと思います。

個人的には、挫折する人の多いMLMより、自分自身でコンテンツビジネスを展開するスキルを身につけることをお勧めしています。

オンライン化が加速する今、取り組むべきはコンテンツビジネス。

まりこむのブログに来てくださったあなたは

現在なにかしらの副業案件ビジネスの手法をお探しだったり、収益化のヒントを得ようとしていると思います。

 

まず、お金を稼ぐにあたって大切なのは、

的確に世間や市場のトレンドを掴むこと。

 

新型コロナの影響で、

学校の授業や会社の仕事はオンライン化され

友人に会う代わりに自宅でzoom飲み会。

多くの人が旅行やイベントの予定をキャンセルして、休日も自宅で過ごしています。

 

このコロナ危機によって私たちの価値観や生活スタイル、ビジネスのスタイルは大きく変化しました。

(あなたももちろん実感していますよね。)

 

ほとんどの業種や商品サービスがオンライン化され、人々がネット上で消費活動をすることに一切抵抗がなくなっている。

そんなパラダイムシフトが今、起きているのです。

 

そうした背景を受け、例えば「オンライン教育市場」の分野では、アメリカやヨーロッパでいち早く爆発的な成長が始まっていますし、日本にも大きな波が来ようとしています。

 

こんなふうに、

世間や市場のトレンドを掴み、ニーズに応えて価値を提供する。

これができれば、収益を生み出せるということです。

 

そして、パラダイムシフトが起きた今、

ニーズは圧倒的に「オンラインのコンテンツ」に集まっているわけです。

 

エネルギーが集まるところにはお金も集まる

それだけ、価値があるからです。

 

だからこそ、

あなたもこれからWeb上にオンラインコンテンツを仕掛け、集客から販売に至るまでの流れを仕組み化して、このゴールデンラッシュに乗っかりませんか?💓

まりこむは、あるオンラインビジネスのプロフェッショナルの方と一緒に、コンテンツビジネスの企画を最近立ち上げました🎉

→今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する

 

これまでアフィリエイト、物販、投資などいろんなノウハウやジャンルに取り組んできましたが、最終的に行き着いたのがこのコンテンツビジネスです。

※コンテンツビジネスとは

無形のデジタルサービスなどの販売などを指します。

例えば電子書籍やオーディオブック、動画など(究極は宗教やアートなども)

コンテンツビジネスの特徴は、

原価が全くかからず、利益率はほぼ100%、

高単価の商品でも成約しやすいという点。

ネットで月200万円以上稼ぐ人たちの大体はコンテンツビジネスに取り組んでいます。

 

実戦にあたっては、文章作成やリサーチ作業などやることはいくつかあるのですが、初心者さんでも効率よく簡易的に取り組んでいけるようにこの企画で敷居自体を低くしました!

いち早くあなたもコンテンツビジネスを完成させ、コロナバブルに一足先に乗っかってくださいね🌊🏄‍♀️

→今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😋💕